読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plinkplankplunk

おさんぽ、本、映画について書いていきます。

総括 本

photo:01

◆風が笑えば
俵 万智さんが写真をみて短歌を詠むというコンセプトの本。
春夏秋冬で分かれてるからやっぱり夏秋あたりが今だからちょうどいい(・ω・)

イチゴ*ドーナツよさそなのドーナツ
それぞれの時間持ち寄る海辺には
寄り添うということのやさしさ


無垢、無邪気、無心、無防備
笑顔とは無から生まれるものと思えり


◆生きるとは、自分の物語をつくること
小川洋子さんと河合隼雄さんの対談。
患者さんが死にたいとか殺したいとか言ったりする土壇場のときのはなしで河合隼雄さんは

答え方はいっぱいある。そういうとき下手な人ほど(…)答えが一つしかない。
って言っててあ〜こないだ店長と話したクレームの話と一緒だ〜って思った(笑)

そこでこの本のあとがきに出てきたのが、
◆カウンセリング講座 河合隼雄
実際カウンセリングしよーと思ったわけじゃなく小川洋子さんの読んだ本を私も読みたい!というストーカー精神で読んだ。
これは学校の先生が不登校の子とかとどう接していくか向けに書いた本。なにかの講演がもとなのかな?
個性の話と偶然の力の話がおもしろかったかな〜。