読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plinkplankplunk

おさんぽ、本、映画について書いていきます。

貴婦人と一角獣展

おさんぽ

photo:09


貴婦人と一角獣展に行ってきました。
photo:01


photo:02


photo:04


photo:05


photo:11


photo:06


photo:07


photo:08

6枚の連作タピスリー(らしい)。近くでみるより遠くでみるほうが綺麗だったヽ(・ω・)ノ笑 一部目つきの悪い貴婦人がいるんだよね〜(笑)近くにいたあるお母さんが少年たちに千花模様(ミルフルール)について語っていたので私も覚えました。ミルフルール。織物ではわりとありがちな技法なのかなあ??お花がたくさん周りに散らばってる模様のことのようです。最後の一枚Mon seul desir(我が唯一の望み)が一番綺麗だった気がするけどあのサーカスみたいな小屋はなんだったんだろう?あのなかに好きなものを思い描きましょうってことなのかな?そして宝石箱に戻してるって素敵ね。 貴婦人と一角獣に罪はないけれど全体的にものたりない感もありました。

一角獣ときいて思い出したのは

photo:10


世界の終わりとハードボイルドワンダーランド。これで一角獣の知識を仕入れることができました。ギリシャ発の西洋一角獣と中国発の東洋一角獣で違うんだって〜。へー。しかしどうしてこのお話に一角獣がでてきたのかそしてそれからどうなるのか完全に忘れてしまった!