読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plinkplankplunk

おさんぽ、本、映画について書いていきます。

危険なプロット- Dans la maison

わーおもしろかった。飽きずに引き込まれた。
フランス映画祭で人気だったみたいだからみにいったよ。
$plink*plank*plunk
「危険なプロット」
[あらすじ]高校教師ジェルマンは生徒達のひどい作文に飽き飽きしている。そこに才能のある生徒が一人。彼の指導をしているうちにその作文に翻弄されていく。

 生徒役のエルンストくん美しすぎ!同い年とかびっくり!(∋_∈)ってゆうかエルンストくんもフランス映画祭で来日してたのか!ありがたや〜またきてね。個人的に先生の奥さんの現代美術ジョークがおもろーだった。『上海の空』よかったけどね〜(^o^)あとほめる教育はヨーロッパにも浸透してるのか?
 途中夫婦でマッチポイント見に行くとこが好感もてた(^v^)マッチポイントもサスペンス風味だしね。先生のメガネとか、ラファとクロードが話してる途中に関係ない先生がでてきて話しだしたりするとこがちょっとウディアレンぽい。

レベルが
5、自信をもって人にすすめられる。時間を無駄にはしない!
4、見る価値あり!
3、暇なら見てもいいかも
2、機会があったらで
1、映画館行く価値なし。DVDで。
0、見ないで結構。

とすると4と5の間かな?
フランソワ・オゾン監督。『スイミング・プール』が好きならぜひ。
ヒューマントラストシネマ有楽町で観たんだけどエポスカード持ってると1300円だった。ラッキー。


plink*plank*plunk-131024_150657.jpg
ウディアレンのリバイバルやるみたい(角川シネマ有楽町)。みるなら世界中がアイ・ラヴ・ユーだな〜。ポスターみてなんの映画かあてるゲームをして楽しめます。(?)