読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plinkplankplunk

おさんぽ、本、映画について書いていきます。

マグリット展 @新国立美術館

マグリット展に行ってきたよ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
今回は
という美術館はしごをします!

まずは赤坂で降りて、かおたんラーメン♡

{C31180CC-A957-4EDC-A172-52F4F79470E0:01}
坦々麺!マイルドでごまの風味が強くておいしかった!

赤坂から乃木坂まで歩きます♡
雨がひどかった。

同じモチーフが何回も出てくるのはどういう意味だったんだろう。??
はっぱみたいのも何回も出てきた。ああいうさつまあげ、あるよね。

戦争の時代に生きた画家なので、彼の絵にも戦争の影がしかとおとされていました。戦争はたくさんの人の精神を蝕みます。それが絵にありありとあらわれていました。絵をみるだけで伝わってきます。不思議ですね。言葉以上のものを後世に伝えることができるんだ。二度と繰り返さないように歴史を大切に。戦争の絵のあと、ルノアールみたいな絵になるんだけど、そののちちゃんとくりっとしたマットな絵に戻ります。

やっぱり概念みたいな絵になってしまうので、私は絵そのものを楽しみたいなあと思いました。アイデア勝負っていうか、こういうのおもしろいでしょ?みたいなシニカルな空気が…。でも後半たたみかける岩の絵はわりに好きです。
アムールってかいてある白鳥の絵とか好きだったけど、絵はがきなかったな。残念。
最初にあった、マルシェドゥスノッブの絵もなんかうけました。マグリットはデザイナーだったんだ。だから絵に抵抗なく文字を入れるのね。


全体的に気持ち悪さが手塚治虫感。手塚治虫マグリットの影響をうけてたのかな?関係ないかも笑
マグリットは雲、月、パイプ、といったのが好きなのかな?
雲ネックレスや月ネックレスがあって心が動きました。自分のモチーフがあると素敵かも。

さて、これから東京に戻ってブリジストン美術館に行きます。