読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plinkplankplunk

おさんぽ、本、映画について書いていきます。

好きノート

{EC5F6F00-DF65-46CD-852E-CA02A299197C:01}
駅ビルのポイントが貯まったので「好きノート」というのを買ってみました。
毎日1ページずつ書いていこう!という私の中の企画です(☆_☆)
{DC6594D8-5C57-468C-9A6B-9D550F685505:01}


大人は右から、子どもは左から
ですが
子どものページも自分で書くし(☆_☆)(☆_☆)苛 笑

でもまず大人から。

1
最初の「好き」は、好きな言葉はなんですか、でした。
言葉って単語かしら。??
ぱっと思いついたのは

Dans envie,il y a vie.J'avais envie j'étais en vie.
(訳を忘れちゃった…。
望みの中に人生がある。望みがあると人生がある
てきな…。)

です。これは「気狂いピエロ」という映画の中に出てくる一節。


あとは〜、「村上さんのところ」の

それはもう運です。ちょっとした巡り合わせ。それが人生です。

というのも好きです。こういうコントロールできないものに委ねるてきな概念が好きなんだよね〜行く川の流れは耐えずして…ですね。

あとは


On espère que ton rêve va se réaliser
これはテレビでフランス語だったかな?村治佳織が出てたときのシーズンでフランス語の先生が言っていたと思います。あなたの夢が叶いますようにっていう意味です。



でもいろいろ思い出した結果これに決定しました。

Pour partir; coeurs légers, semblables aux ballons,
心も軽く、風船のように


これはボードレールの「旅」という詩の中の一節です。この詩がなんだかわからないけど私は昔から好きです。
でもグーグルしてみたらボードレールが死ぬ直前の詩なんですね。
ただの冒険の詩だと思っていたけど、違ったんだ。

クール レジェ ソンブラブレ バロン
と唱えていれば、原っぱに出かけたくなるでしょう。語呂もいいしね。


Le Voyage

Pour l'enfant, amoureux de cartes et d'estampes,
L'univers est égal à son vaste appétit.
Ah! que le monde est grand à la clarté des lampes!
Aux yeux du souvenir que le monde est petit!

Un matin nous partons, le cerveau plein de flamme,
Le coeur gros de rancune et de désirs amers,
Et nous allons, suivant le rythme de la lame,
Berçant notre infini sur le fini des mers:

Les uns, joyeux de fuir une patrie infâme;
D'autres, l'horreur de leurs berceaux, et quelques-uns,
Astrologues noyés dans les yeux d'une femme,
La Circé tyrannique aux dangereux parfums.

Pour n'être pas changés en bêtes, ils s'enivrent
D'espace et de lumière et de cieux embrasés;
La glace qui les mord, les soleils qui les cuivrent,
Effacent lentement la marque des baisers.

Mais les vrais voyageurs sont ceux-là seuls qui partent
Pour partir; coeurs légers, semblables aux ballons,
De leur fatalité jamais ils ne s'écartent,
Et, sans savoir pourquoi, disent toujours: Allons!

Ceux-là dont les désirs ont la forme des nues,
Et qui rêvent, ainsi qu'un conscrit le canon,
De vastes voluptés, changeantes, inconnues,
Et dont l'esprit humain n'a jamais su le nom!